赤ちゃんに多いアトピーの原因は?

アトピーの原因について

 

アトピーで悩まされている方は、赤ちゃんから大人まで
多くいらっしゃいます。

 

アトピーは、昔から赤ちゃんや子供に多い皮膚の病気として
有名でしたが、近年では、大人になってもアトピーで
悩んでいる人も多くなっています。

 

赤ちゃんに多いアトピー

 

アトピーの原因について

 

赤ちゃんから大人まで多くの人が悩ませられるアトピー。

 

特に赤ちゃんのアトピーは、湿疹ができて痒がったり、
皮膚が炎症を起こしていると、可哀そうで何とかしてあげたいもの。

 

今後、子供を持たれる方は、自分の子供には、こういった
辛い思いはさせたくない、アトピーとは無縁の
快適な生活をさせてあげたいと思われることでしょう。

 

予防するには、原因についてしっかり知識を持つことが
役立ちます。

 

赤ちゃんは、アトピーがひどいと、夜泣きがひどかったり、
睡眠不足になったり、昼寝もできない等、様々な
トラブルが出てきます。

 

また、赤ちゃんの母親も、夜泣きがひどかったりすると
寝不足になり体調を崩しかねませんし、痒いのをどうして
あげることもできず、辛い思いをしてしまいます。

 

ここでは、赤ちゃんのアトピーの原因について調べて
まとめています。

 

小さいお子さんを育てられているママはもちろん、
今後親になる予定のある方も、愛する赤ちゃんのために、
この記事をご覧いただき、参考にして下さい。

 

原因は?

 

アトピーの原因について

 

100%遺伝ではない

 

親がアレルギー体質で、子供もアトピー性皮膚炎になると、
自分のアレルギーが子供にも遺伝してしまって、申し訳ない
と思う方も多いでしょう。

 

確かに、両親がアレルギー体質だと、子供もその
体質になりやすいとは言われているんですが、はっきりした
根拠はないともされています。

 

遺伝や体質だけが原因ではないので、諦めずに、
予防と対策に励むことが大切です。

 

乾燥

 

アトピーの原因の一つとして、肌表面のバリア機能の
低下が挙げられます。

 

特に、この点では、赤ちゃんの肌は未熟で、肌のバリア機能が
非常に弱いのです。

 

赤ちゃんの肌は、とても柔らかくてスベスベで、
触ると気持ち良い程、キレイな肌をしていますが、
非常に皮膚が薄く、バリア機能だけではなく、
免疫力もまだまだ低いのです。

 

なので、乾燥肌の赤ちゃんが非常に多いと言えます。

 

乾燥すると、外部刺激が体に侵入しやすいため、
それが原因となってアレルギー症状が起きます。

 

赤ちゃんの肌はとても乾燥しやすいので、ベビーローション
などでしっかり保湿して乾燥を防げば、アトピーの
原因を減らすことができる
のです。

 

 

TOPへ戻るバナー