現代の子供に多いアトピー原因は?

アトピーの原因について

 

近年、医療技術の著しい発展に伴い、以前は
治らなかったような病気も治るような時代になっています。

 

しかし、こんな時代でも、多くの子供が悩まされている病気
の一つに、アトピー性皮膚炎があります。

 

昔から、この皮膚病に悩まされている人は多かったのですが、
近年はさらに患者数が増えていると問題になっているそうです。

 

アトピーって?

 

アトピーの原因について

 

そもそも、アトピーって、どんな皮膚病なんでしょうか?

 

もともとアレルギー体質の人や、皮膚表面のバリア機能が
弱い人がなりやすい病気です。

 

特に赤ちゃんや小さな子供がアトピーになると、
痒みを我慢できず掻き毟って、皮膚を傷つけてしまう、
そして治りにくくなる、ストレスとなって睡眠不足にも
なる、等、悪循環を引き起こしてしまいがち
です。

 

また、辛そうな子供の親御さんも、どうしてあげることも
できず、精神的に辛い思いをすることになります。

 

子供のアトピー、対策法は?

 

アトピーの原因について

 

子供がアトピーであれば、どうにか対策できないものかと
思われている親御さんが多いでしょう。

 

対策のためには、まずは原因を知り、
それを排除することが大事になります。

 

そこで、この記事では、近年子供に増加傾向のアトピーの
原因と、考えられる要因について調べ、まとめています。

 

アトピーの子供を持つ親御さんはもちろん、今後親になる
予定の方など、ご覧いただき、ぜひ参考にして下さい。

 

子供のアトピー原因は?

 

アトピーの原因について

 

乾燥

 

子供に限ったことではありませんが、皮膚のバリア機能の
低下がアトピーの原因になると言われています。

 

皮膚のバリア機能が弱いと、外部からの刺激を
受けやすくなるからです。

 

皮膚のバリア機能の低下の原因の一つとして、乾燥が
挙げられます。

 

特に、これは、子供の目の周りのアトピー原因として、
有名なことです。

 

赤ちゃんのアトピーは、肘や足などに症状が現れやすいのですが、
子供になると、目の周りやおでこに現れやすくなります。

 

皮膚がまだまだ発達段階で、大人みたいに厚くない子供の皮膚は、
バリア機能が未熟なので乾燥しやすいのです。

 

クリームやローションなどで乾燥を予防してあげ、
皮膚のバリア機能を高めることが、非常に有効です。

 

食品

 

食べ物が原因となり、アトピー症状が出る子供も
多いそうです。

 

食べ物にアレルギーがある場合は、そうした食品を
避ける必要があります。

 

特に、特定原材料に指定されている7品目を含むものは、
症状を悪化させる恐れがあるので、要注意です。

 

 

TOPへ戻るバナー