改善が難しいアトピーの原因は、実は内臓冷えかも?!

アトピーの原因について

 

子供、大人に関係なく、様々な皮膚トラブルで
困っている人も多いでしょう。

 

患者数は年々増加傾向にあり、中でも、アトピー性皮膚炎の
患者は多く、問題となっています。

 

アトピーの原因は?

 

アトピーの原因について

 

アトピー性皮膚炎になりやすい人は、アレルギー体質の方や、
皮膚表面のバリア機能が弱い方になります。

 

色んな原因がありますが、治療としては、ほとんどの場合、
ステロイドの処方や、免疫系のコントロールを行う処置
になります。

 

こうした病院で受ける治療の他にも、日頃からできる
事として、外部刺激を極力減らすことや、体の中からの
ケアも大事だと言われています。

 

アトピー性皮膚炎は、ハウスダストや汗、紫外線、
物理的刺激などが原因となって悪化するのです。

 

遺伝が100%ではない

 

アトピーの原因について

 

また、アレルギー体質やアトピー性皮膚炎は、
遺伝だとも昔から言われてきました。

 

しかし、これには確実な根拠はなく、遺伝しなかった
という人もいるのです。

 

なので、考えられる原因を知り、それについての
対策をすることで、アトピーの予防と改善も
できると言えるのです。

 

アトピーの原因として考えられることは、
色々ありますが、近年、内臓冷えも要因の一つだと
考えられるようになっています。

 

でも、内臓冷えがどのようにアトピーと関係するのでしょうか?

 

ここでは、内臓冷えとアトピーの関係について
調べてみました。

 

なかなかアトピーが改善しないとお悩みの方は、
ご覧いただき、ぜひ参考にして下さいね。

 

内臓冷えもアトピー原因になりうる

 

冷えは万病の元

 

冷えは万病の元とはよく聞きますよね。

 

でも、内臓冷えがアトピーの原因になりうるとは、
知らない人の方が多いでしょう。

 

でも、確実な根拠があるんです。

 

アトピーは、体内に蓄積された毒素が皮膚から
排出されることで引き起こされる症状なので、
毒素を溜めないことで、アトピーの改善、予防に
つながるのです。

 

では、なぜ、体内に毒素が溜まっていくのでしょうか?

 

それは、体の新陳代謝が悪いこともあります。

 

そこで、内臓冷えが関係してくるのです。

 

体温が37度以上保たれていないと新陳代謝が
低下してしまうとされています。

 

現代人は、体温が低い人が多く、アトピーの方も
低体温の傾向にあります。

 

内臓冷えになると、低体温になり、新陳代謝も悪くなり、
結果として、体内の毒素がスムーズに排出されず、
皮膚から排出されることでアトピーが悪化するという
仕組みになっているのです。

 

 

TOPへ戻るバナー