アトピー原因となる食べ物はなるべく控えよう!

アトピーの原因について

 

アトピー、正式に言うとアトピー性皮膚炎という
厄介な皮膚の病気。

 

現在、この病気に悩む人が増えているそうです。

 

アトピーを予防、改善するには、日頃から私たちが
食べる食事にも気をつける必要があります。

 

体の中からの対策も大事

 

アトピーを悪化させる原因の一つに、食べ物もあります。

 

アトピーで悩んでいる方は、非常に食事にも気をつけられている
方が多いのです。

 

では、どういった食事がアトピーを悪化させて
しまうのでしょうか?

 

また、逆に、どういう食材を摂れば、アトピー対策に
なるのでしょうか?

 

この記事では、アトピーに良い食品と悪い食品について、
調べて、まとめています。

 

体の中から何か対策をしたい!と思われている方は、
この記事をご覧いただき、ぜひ参考になさって下さい。

 

アトピーの原因になりやすい食べ物

 

アトピーの原因について

 

植物油

 

植物油、私たちが普段からよく摂る、ゴマ油や
米ぬか油など、植物由来の油のことです。

 

植物油には、リノール酸という成分が多く含まれます。

 

実は、リノール酸を多く含む植物油は、アトピーの原因となる
食べ物の代表格。

 

リノール酸は、私たちの体をアレルギー体質に変化させる
作用を持つのです。

 

必要以上に摂り過ぎたこうした食品が溢れだすと、
アトピーが発症したり、悪化してしまうのです。

 

しっかり根拠もあって、実際、こうした食材の摂取を控えると、
アトピー症状が和らいだというケースもあるのです。

 

また、リノール酸はアレルギー体質にしてしまうだけではなく、
生活習慣病を引き起こす原因にもなるので、食べ過ぎは
控えましょう。

 

代わりに、オリーブオイルなどを利用する人も増えていますね。

 

脂肪と糖

 

脂肪と糖には、リノール酸が含まれる事もありますし、
内臓の働きを低下させることで、アレルギー体質を
悪化させると考えられています。

 

特に、上白糖などはアトピーの原因になりやすいので、きび砂糖や
オリゴ糖など、天然の形に近い糖分で代用するのがお勧めです。

 

アトピーに良い食べ物

 

アトピーの原因について

 

みそ汁

 

日本人のソウルフードとも言えるみそ汁は、
体に良い酵素や乳酸菌をたくさん含みます。

 

腸内の善玉菌を増やし、腸内のバランスが整い、
肌の調子も整います。

 

免疫力が高まると、アトピーの原因となる
アレルギー物質と闘うことのできる体作りに役立ちます。

 

免疫力の高い体質になると、アトピーなどの皮膚トラブルは
もちろん、風邪やインフルエンザなどの感染症にも
強い体になれるので、ぜひ、毎日の食卓にみそ汁、
取り入れてみて下さいね。

 

 

TOPへ戻るバナー