タンパク質の摂り過ぎもアトピーの原因になる?!

アトピーの原因について

 

アトピー性皮膚炎の方は、外部からの刺激でも、
内部からの刺激でも症状が悪化することが多いため、
日々の食事には気を使われている方が多いでしょう。

 

アトピーと食べ物とは深く関係していて、最近、
タンパク質の摂り過ぎも、アトピーの原因になる
話題となっています。

 

タンパク質は、健康のためにも、成長のためにも
必要な栄養素となりますが、本当にアトピーを
悪化させる原因になってしまうのでしょうか?

 

この記事では、アトピーとタンパク質の関係に
ついて調べてまとめています。

 

外側からだけの対策ではアトピーがなかなか治らないと
お悩みの方、食事にも気をつけられている方、
ご覧いただき是非参考にして下さい。

 

アトピーとタンパク質の関係

 

アトピーの原因について

 

タンパク質とは?

 

タンパク質の摂り過ぎは、アトピーの原因になると言われていますが、
そもそもタンパク質とはどういう栄養素なのでしょう?

 

タンパク質は、炭水化物と脂質とともに、3大栄養素の
一つで、ヒトが生きていく上で非常に重要な栄養素です。

 

エネルギー源として、必要不可欠です。

 

タンパク質は、アミノ酸が集まってできたものですが、
全20種類のアミノ酸の内、9種類は体内で合成
できない必須アミノ酸になります。

 

なので、この9種のアミノ酸は食べ物などから
摂取する必要があります。

 

でも、なぜ体にとって不可欠なタンパク質が
アトピーの原因になってしまうのでしょうか?

 

とり過ぎは良くない

 

体を作るのに不可欠な栄養素なので、もちろん、
肌を健康的に保つのにも欠かせない成分です。

 

でも、摂り過ぎると体内で消化しきれなくなるんです。

 

消化能力を超えてしまって、余ったタンパク質は、
体内で異物として見なされるんです。

 

つまり、アレルゲンとなって、アレルギー反応が起き、
アトピーが悪化していくんです。

 

ヒトの体は賢いので、一度異物として扱われたものに対しては、
それから侵入する度にアレルギー反応が起きて、
体内から追い出そうと働くのです。

 

そうなると、普通はアレルゲンとはならない食べ物も、
アトピーの原因になるのです。

 

バランスが大事

 

近年は、食の欧米化により、日本人はタンパク質を
多く摂る傾向があります。

 

また、バランスが悪い事も問題となっています。

 

タンパク質の量は十分でも、アミノ酸のバランスが
偏っていると、消化不良になりやすいんです。

 

なので、特定の食材だけ食べるのではなく、色んな食材
から食べるようにする方が良いのです。

 

また、動物性タンパク質だけではなく、植物性タンパク質も
バランス良く、適量摂ることが、アトピーの予防と
改善には重要
なことになります。

 

 

TOPへ戻るバナー